レノファ山口vs横浜FC

外国人監督就任のニュースも流れ心機一転したいレノファです。


首都圏開催の試合は、他のアウェイゲームよりも大勢人が集まります。

 

 


初めての試みとして、駅に集合してスタジアムまで一緒に行く事を試みました。
初めてなので少人数ですが、繰り返す事によって広がると思います。

 

 


山口県東京本部さんのご配慮で入場券を安く購入、そして試合前練習を間近で見る事ができました。
貴重な経験ができました。

 

 

勝ち点を積み上げる事が思うように出来ず。そして転換期を迎えようとしてるチームに対して、メッセージを掲げようと思いましたが、日々慌ただしく動きが有る中、最もな言葉が浮かばなかったので。

この様な形を取りました。

 

 


試合は前半レノファが押され気味の中、横浜の枠内シュートをフィールドプレイヤーが跳ね返すシーンが数回有るなど、集中した守備を見せてくれました。

 


そして1点を追う形になった後半、上位チームである横浜に対し、怒涛の攻撃を見せました。

 

 


しかしあと一歩及ばず、本当に惜しくて本当に悔しいと思いました
ピッチで戦って「手ごたえ」を感じてた選手達は、僕達よりもずっと悔しい思いをしたでしょう。

 

それでも戦いは続きます。


inserted by FC2 system