レノファ山口vsジェフユナイテッド市原・千葉

今節は関東在住サポにとっては「庭」同然、フクダ電子アリーナでのジェフ千葉戦でした。

4月の対戦時は終了間際に怪しい判定でPKを献上してしまい敗戦となりました。
現在の順位ももちろんですが、絶対に4月の借りを返してやるという気合を持って、オレンジ軍団が千葉の地に集まりました。

 

試合前からボルテージは高く、メインスタンド側まで非常に大きな声が響いていました。

 

 

この日はレノファ山口東京サポート(以下RYTS)のメンバーがタイコを努めます。
また、サブコールリーダーもRYTSのメンバーが努めます。

 

 

 

我らのキャプテン鳥養選手は、今日にかける思いはいつにも増して強いはず。

 

 

そしてその思いは全ての選手が共有していたはずです。

 

 

前半は全体的に押し込まれる時間が長く続きました。
しかし、集中した全員守備を続け、また相手の精度にも助けられ、決定機と言えるような危険なシーンはそれほどは作られることはありませんでした。

 

 

ただレノファも同じく攻め手を欠く状況。
今季初出場のGK吉満選手が日本代表GK西川選手を思わせるような低く鋭いフィードを度々見せるなど、なんとか打開を試みるも、相手ゴールに迫ることはできませんでした。

 

 

前半終わって0-0。
後半レノファはオレンジサポーターの方向に向かって攻めます。
後半巻き返すべく、ここから気合を入れて選手と一緒に戦います。

 

 

RYTSのメンバーは、ここで気合を入れ選手と一緒に戦うため、円陣で気持ちを高めました。

 

後半開始早々にピンチを迎えますが、ジェフ千葉のシュートはバーを叩き、胸をなでおろします。
一方のレノファも、その3分後DF福元選手の強烈なシュートを千葉GKがこぼし、ラモス選手が詰めてネットを揺らしますが、惜しくもオフサイドの判定。
するとその直後、ジェフ千葉に決められ、先制を許してしまいます。

 

試合は非常にダイナミックに動いている状況だったので、必ず追いつくチャンスがあると信じ、レノファサポーターは応援のボルテージをMAXまで高めました。

 

その後もゴールに迫るシーンは度々あるも、最後の精度を欠いたり、詰める人数が足りなかったり、オフサイドをとられたりするなど、惜しい時間が続きます。

 

 

 

そんな時間が続いた後、ATに入る直前の時間帯に小塚選手の素晴らしいスルーパスから岸田選手がPA内で倒され、PK獲得!
これを岸田選手自ら決め、追いつきます。

 

 

 

ですがATに入り、少し守備の寄せが甘くなったところを決められ、勝ち越しを許してしまいます。
またしても試合間際の失点で、千葉に敗戦となりました。

 

 

4試合連続2-1での敗戦となります。
特に今回は一度追いつく展開を見せるも終了間際の失点で敗北と、ダメージの残るものでした。

 

しかし、失点しても、最後の最後まで下がることのない、むしろよりボルテージの上がる応援をレノサポはしていました。
観客11000人超のアウェイのなか声をからしたオレンジサポーターの思いは、選手には届いたはず。
ピッチもスタンドも、全員が戦い全員が気持ちを見せた試合でした。

 

 

目の前で相手のラインダンスを見るのは悔しく、つらいものです。
ですが我々はこれを目に焼き付け、強くなり、次は自分たちが維新の地で山口イチバンをする、そのためのサポートを全力でするという決意を新たにします。

 

 

次はホームで群馬戦です。
昨年ゴールデンウィーク、嵐の中の試合で勝って以来、群馬には勝てていません。
ここでもまた、順位だけでなく借りを返す意味でも負けられない試合です。

 

レノファ山口東京サポートのメンバーも複数人が参戦する予定です。

 

 


inserted by FC2 system