レノファ山口vsアルビレックス新潟

天皇杯3回戦

相手はJ1のアルビレックス新潟、組み合わせによってはカテゴリーに関係無く対戦出来るのが天皇杯の面白いところ。

 

今回のスタジアムは新潟のデンカビッグスワン。
東京から車で4時間くらい、山口に比べれば近いもんです。
早朝に出発し、関越トンネルまではずっと雨、でも関越トンネルを抜けると雨は降っていませんでした。
他の東京サポートメンバーも新幹線や夜行バスで現地に向かいます。

 

前置きが長くなりましたが、ビッグスワン到着。

 

 

待機列に行くと東京サポートの夜行バス組が既に場所取りを済ませていました。
この時点ではまだ曇り。予報では試合開始前くらいから雨の予報。降るなよと祈りつつ入場。横断幕を貼っている間についに雨が降ってきました。
この雨がレノファに吉と出ることを祈りつつ準備完了です。
ビジョンにはアルビレックスと並ぶレノファの名前、テンションは上がります。

 

 

バックスタンドの中央後ろにはフラッグも並んでいます。
(写真が小さくてすみません。)

 

 

そして雨の中キックオフ

惜しいシュートもあり、アルビレックスのシュートが外れて助かった場面もありで前半を0-0で折り返します。
後半もレノファの勝利を信じて必死に応援。
しかし先制したのはアルビレックスでした。

 

その後も最後まで諦めずに攻めたレノファの志士ですが、残念ながら試合終了の笛が鳴りレノファの天皇杯は終わりました。

 

試合終了後は選手を讃えます。
来年の天皇杯はもっとやってくれると信じて。

 

 

両チームの選手が控室に戻った後、小塚選手がレノファのサポーター席に挨拶に来てくれました。

 

 

まだリーグは終わっていません。
レノファらしく最後まで諦めずに東京サポートも後押ししていきます。







にほんブログ村 サッカーブログ レノファ山口FCへ
にほんブログ村

inserted by FC2 system