レノファ山口vs横浜FC

10時過ぎに車で出発、試合開始20分前に会場に到着、観客は50人位です。
金沢帰りでまだ濡れたままのダンマクを設置

 

日中の試合という事で暑さが気になりましたが、曇り空で涼しくなりました。

 

「横浜FCユース」は各上感あります。パスを繋いで落ち着いています。 対する「レノファ山口FC U-18」は、緊張しているのかやや硬めです。

 

前半開始15分位に危ないシーンが有りましたがピンチを防ぐ事で落ち着いてきました。

 

横浜に2点を先制されましたが、9番澤野の見事なフリーキックで一点差に!!

 

そのまま前半を2-1で折り返します。

 

流れを引き戻したレノファは、ボールを奪ってからのパスワークが今一つながら横浜のゴールを脅かしました。 実力差は有りますが、最少得点差と言う事が横浜へのプレッシャーになっている様です。

 

実力で上回る横浜は2点を追加して、試合はそのまま終了のホイッスル

 

しかし
各上相手に最後まであきらめない姿勢を見せ続けてくれた彼らの成長は楽しみです。

 

最後まで礼儀正しいレノファイレブン

 

 


2016Jユースカップ1回戦
横浜FCユースvsレノファ山口FC U-18
4-1


inserted by FC2 system